読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天冥の標VII

Books

いちおう、1巻の土台にようやく繋がるところ。ストーリーの土台としても、舞台としても、揃ったとことだろうか。巻数的に忘れ物がありそうではあるが。

 
1巻が必ずしも1冊ではないので、長い長い話になっているが、ひとつづきとしてちゃんと楽しめるのはすごい。
 
が、どうしても気になるのは、ストーリー上の主要な登場人物のひとり…というか人ではないが…が、トリックスター的な役割ではあるのだが、本質的には主要な部分に全く関わらないことが気掛かりだ。説明不能な力でもってお話を引っ掻き回しはするのだが、一貫性が認められないのでそういう設定という部分を勘案しても説得力がまるでない。
 
そのせいで、楽しめはするが現時点での評価はさほど高くはできない。残りの部分できちんと使い切れるのか楽しみ。
 

天冥の標?