ゼンデギ

イーガン作品のうち、遠未来を扱っている作品を苦手にしているなら、本作は現実との時代的差分が少ないためか、比較的分かりやすい側なのではと思う。ヴィンジにおける「レインボーズエンド」的な。

まあ自分は「白熱光」のほうが好きだけど…。

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)