読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リライト、リビジョン、リアクト、リライブ

個人的にはいまひとつだった。

リライトは、いろいろ謎を残しつつ気を引いたのだが、全体を通すと、何か言い訳じみたものを感じてしまう。緻密という評判ではあるのだが、むしろツッコミどころが多いような。一方で矛盾をはらんでも走り切れるほどには、ストーリーの勢いが感じられなかった。初速は良さそうだっただけに…と思ってしまう。

という評価なのは、ハードSF的解釈を適用した部分がたぶんに含まれているからで、それは先に前評判を読んでしまったからだとも思う(Amazonのオススメだったからうっかり…)。先に評価を見てしまうとかは、なんとも失礼なことをした。

リライト (ハヤカワ文庫JA)リビジョン (ハヤカワ文庫JA)リアクト (ハヤカワ文庫JA)リライブ (ハヤカワ文庫JA)