読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなげる工夫

考え事

はてなブックマークにタグが導入される。項目に一種のキーワードを付け、キーワードを用いて項目同士をつなげる事が出来る。はてなキーワードも勝手につないでくれるが、ブックマークのタグははてなキーワードよりも少しだけ意図的に行うことが出来る。

『内容的に関係しているページ』というやつををつなぐのは、大変面白い効果を生む。のだが、これが結構難しい。以前PhotoBoxで、トラックバックを利用して写真を分類してみようというのがあったのだが*1トラックバックというプロセスを踏む手間がどうしても避けきれなかった。この問題点は、トラックバック先を常に知っておく必要があるということだ。従ってはてなキーワードのように、全く何も考えなくても繋がるというものではない。あくまで自主的に作られるリンク集であり、出来るだけ手間を減らそうとはしたのだがなかなか。

PhotoBoxでの最大の難しさは、それが写真をメインにしていることだ。つまり、キーワードのように文字列化されたデータではないので、コンピュータがその(写真の)意味合いまでを理解することがない。この段階でどうしても人間の判断が必要で、それをトラックバックというプロセスに押し込んだが、判断が必要というのが致命的な気がする。判断しないでも繋がるから、驚きがあるわけで。

その意味では、ブックマークのタグ機能やダイアリーのカテゴリー機能はちょうど良いかも知れない。ほとんど違和感なく、キーワードを付けることが出来るわけだ。

PhotoBoxは、(クライアントサイドウェブログなので)実行環境が分散するのだが、一点だけ集中するポイントがある。PingBadge*2である。application/x-www-form-urlencodedな、特別なPingを受け付けるのだが、このときにタイトルや内容を含めてかなりの情報を取得している。現状では、これらをそのままリストすることしかしていないが、例えばタイトルにブラケットで囲ったキーワードを付けると、他のブラケット付きエントリーと自動リンクするとか、そうしたことは出来そうだ。また、一応thumbtack*3も共有されている。(簡単に取り外せるが。)これを利用して、リンク先のインターフェイスとするのも悪くはないかも。

現状のPingBadgeやthumbtackにそれらの機能を持たせるのは、少し厳しい。根本的な問題として、thumbtackのデータ管理がURIを基礎にしていないので、PingBadgeのデータと相互に利用できないというのがある。(まさかこうした問題も出るとは…。)もしやるのであれば、その辺の改良から始めなければならないなぁ。

# いろいろ考え中なので、オチ無し。

*1:トラックバックBBS

*2:更新Pingサーバ

*3:コメントシステム