読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perlが好きなわけ

ついでなので、Perlが好きな理由もちょっとだけ。もちろん、今一番書ける言語だというのはあるが、その他をあげておく。

まず、とにかく動くものを作れるという事。例えばPerlの知識が少なくても、(効率などを度外視した上で)そのレベルに応じたものを作る事が出来る。Perlを始めてすぐに、掲示板のような動くものを作る事が出来、それが嬉しかったというのは大きい。

学べばより良いものを作れるという事。自分のレベルが上がれば、コードのレベルも上がる。同じ機能の掲示板でも、全く違うものが出来る。

自由なコーディングが許される事。縛りが少ないので、新しい考えも容易に組み込んでいける。これは可読性を下げる原因だが、逆に言えば自分で決めるルール次第で、可読性を上げる事だって可能なはずなのだから、それは弱点ではないだろう。

最後にPerlという言語は、誰かさんも言っているように、自然言語に近いと思う。普通の自然言語と同じように難解ではあるが、カタコトであっても思いを伝える事は出来るし、熟練すればもっとスマートに美しく記す事が出来る。思っている事を形にするための言語であって、思っている事を形にはめる言語ではないと感じる。その辺が、感情的に好きというわけだ。

この先も、いろんな言語に触れると思うし、最終的にどこに落ち着くかは分からないのだが、最低限自分に大きな影響を与えたものの一つになる事は確定的だろう。